お店の紹介

大人が本気を出して遊んでしまうおもちゃ屋さん

遊びとおもちゃの専門店 krtek select toys クルテクとは

店のドアを開けると、そこに広がるのは夢の世界。いくつになっても遊ぶことは楽しい。小さいお子さんにはもちろんですが、わたしのような大人でも心躍る空間がこちらのお店。

小さい頃からこのお店が大好きな娘(現在は花の女子高生)を連れて行ったら大喜びでコマを回して遊び始めました。指先を器用に使って遊ぶおもちゃもあれば、頭脳派向けのおもちゃもあり、年齢を問わず家族で遊べるボードゲームの種類も豊富です。

わが家のクリスマスは毎年こちらのお店のものを「サンタさん」が注文して届けてくれていました。娘はいまだに「今夜はこれで遊ぼう」と言ってボードゲームを持って来るのですよ。「おもちゃは小さい子のためのもの」という概念を覆してくれます。娘が数学や物理を大好きになったのは、もしかするとボードゲームのおかげかもしれません。

ドイツの木のおもちゃにこもる店主さんの願い

こちらのお店の品物はシンプルな作りのおもちゃが多いのも特徴。丁寧に作られたドイツ製の木のおもちゃを前にすると、子どもたちは夢中で遊び始めます。

作り手の想いが伝わってくる温かいおもちゃたち。捨ててしまうのはもったいないので、わが家では娘が使っていたおもちゃをインテリアとして飾って楽しんでいます。

バスに揺られて繁華街の古町を眺めながらプチ新潟観光

新潟駅からバスに乗ると14分ほどでクルテクの前まで行くことができます。バス案内は新潟駅万代口を出て左手にある「新潟交通バス案内所」で聞くのが便利。B10萬代橋ライン/B13萬代橋ライン/C32信濃町線/C21浜浦町線/W21西小針線W40D大堀線などに乗り、東中通のバス停で降りて徒歩2分。

歴史のある「医学町ビル」はデザインも見どころ

クルテクのお店はこのビルの2階にあります。なんとも古い、いや、歴史を感じさせるこちらの建物、実はとても心温まる物語があるのです。

築51年となるこちらのビル。20年ほど前から空室が増え、10年前ごろから一軒しかテナントがいない状態だったそう。ビルの建て替えや売却ではなく、現状の特色を生かせる方法がないか模索していたところある出会いをきっかけに、このビルの保存と活用を目指すグループが生まれることになったのだそうです。

この階段もアートな作品

えんじ色というのか、ダークなワインレッドというか、年季の入ったこちらの階段を登っていく前に、なぜか写真に収めたくなる。それくらい素敵で、上から照らすライトの位置や形状、そして奥の青いライトの見え方によっても表情が変わる不思議な空間。

入り口のドアチャイムにときめく

2階に上がると見えてくる「遊びとおもちゃの専門店 krtek select toys クルテク」の入り口。可愛いおもちゃたちがお出迎えしてくれるドアを開けると、シャラララーン♫と頭の上で優しい音がする。写真を載せようか迷ったのですが、ご自分で体験する方が楽しいと思うので、ぜひその日を心待ちにしていただきたいのです。

先ほど、このビルの保存と活用を目指すグループのお話をしましたが、クルテクのオーナーさんもそのグループの皆さんの気持ちに触れ、以前は住宅街の中にあった店舗をこちらに移転。現在は街中からのアクセスの便利さもあり、若者たちが顔を見せたり、男性客も増えたとのこと、お子さん連れのお母さんが中心だった客層が少し変化を見せている様子でした。

もうすぐクリスマスですね。こちらのクリスマスツリーもクルテクさんのもの。ドイツ製で、重厚な作りとなっていて、パッと見ると本物の木のようではありませんか?木のサンタクロースのオーナメントや羊毛のおうちのオーナメントは、クリスマスの度にひとつ、ふたつと買い揃えてきた宝物です。今年もまた、このクリスマスツリーが大活躍しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました